2012年12月06日

パワハラ被害の申告・損害賠償請求

パワハラ被害の申告・損害賠償請求



職場で上司に怒鳴られる。暴力を受ける。

自分に非があればしょうがないけれど、怒られるほどの理由が見つからない。

自分だけ職務上必要な連絡事項が回ってこない。

明らかに職場のみんなから違った目で見られている。

これらは、パワー・ハラスメントという職場でのイジメ・権力による人権侵害かもしれません。





パワー・ハラスメント(以下、パワハラ)が成立する為の要件(判断基準)は以下の様に考えられます。



1.一定の社会環境内における権力関係がある事。但、セクハラの場合と違い、上司・部下といった意味の上下関係に限られない

2.1を背景とした本来の業務範囲(業務に付随する指導・育成・命令等)を超えた権力行使がある事。

3.2が継続的に行われ、人としての尊厳・人格そのものを日常的に・違法に侵害される事。

4.3の結果、心身の耗弱・雇用(職場)環境の悪化や不安が生じること



例えば、

●遅刻してくる人間に対し暴力を振るい、罰金を取る

●客観的に達成不可能な目標を掲げさせ、それを達成できないと「お前はバカだ。やめちまえ」と怒鳴りつける

●ミスをする度に蹴るなどの身体的暴力を振るう

●上司から事あるごとに叩かれる。

●職場で自分だけ無視される。

●目立ったミスが無いにもかかわらず、仕事を回してもらえない。

などです。

ただし、これらの被害は、ケースバイケースですので、パワハラの認定には個別的な判断が必要になってきます。



「自分のケースはセクハラ(パワハラ)に当たるの?」といった素朴な疑問に始まって、「自分の場合、いくらくらい請求できるの?」「まず何から始めたらいいの?」「相手と口を聞くのもイヤなんですが」というご相談が後を絶えません。

つた行政書士法務事務所では、「あなたが、相手に、何を、どれだけ、できるのか」をご提案し、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。
ラベル:損害賠償請求
posted by naiyou at 10:26| 大阪 ☁| Comment(0) | パワハラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。