2012年12月03日

消滅時効援用の内容証明郵便

消滅時効援用の内容証明郵便

何らかの事情により、消費者金融(サラ金)などへの返済を停止してから長期間が経った後に、突然、請求書(督促状)が送られてくることがあります。

そういうときは、慌てる前に当時の借入や返済の状況について良く考えてみましょう。

最後に返済してから5年以上が経っている場合、消滅時効により支払い義務が消滅しているかもしれません。

消費者金融など、貸金業者からの借金については5年間で消滅時効が成立します。

消滅時効が成立するこということは、つまり返済義務が無くなるということです。





ただし、消滅時効が成立しても、それを援用しなければ債権は消滅しません。

つまり、債権者に対して「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えることが必要です。

この時効援用の意思表示は、内容証明郵便により文書でおこなうのが通常です。

消滅時効の援用を行政書士にご依頼いただけば、行政書士が代理人として内容証明郵便を送るので、安心です。

なお、時効期間中に「時効の中断」があった場合には、それまで経過した時効期間がゼロに戻ります。

この場合は、時効の中断があった場合、サラ金からの借金であっても5年で消滅時効が完成しないことになりますから注意が必要です。



借金の消滅時効については、自己判断で手続きするより、専門家行政書士にご相談されることをお勧めします。

当事務所では、多数の消滅時効の援用手続を取り扱っています。ひとりで悩まずご相談にお越しください。


ラベル:消費者金融
posted by naiyou at 12:56| 大阪 ☀| Comment(0) | 消滅時効援用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。